右スライス癖を一瞬で直す方法【ゴルフ初心者】

右スライスの弊害

最近はコースに出るようになって,ゴルフの楽しさが段々と分かってきた.ティーとかマーカーとか携帯するものが多くてまだ慣れず,大変.打ったあとティー刺しっぱにしちゃう癖があって何度も忘れて無くした.

一番無くすのはボールで,OBに打球が飛んで1ホール1球無くしてる気がする.探すのも面倒で探せてないし.自分の場合,ボールが無くなる主な原因の一つに右スライスして森の中に消えるパターンだった.

右スライスする打球

初心者が右スライスを一瞬で直す方法

そんなゴルフ初心者の私が右スライスを一瞬で直せたのでそのやり方を公開しようと思う.私のようなゴルフ初心者にとって参考になるかもしれない.

私が実践したのはプロ野球選手「丸 佳浩」のツイスト打法である.

ボールを打つ際に上半身を下半身と逆の方向にひねるという打法.丸自身は体を開かずに最後まで極力ボールを見て打つために取り入れている打法のようである.

実際にこのツイスト打法で打ってみたところ,打球がまっすぐ飛ぶようになった.少し大げさにツイストさせて体に覚えさせても良いかもしれない.

50球くらいこれで打ったけど,ほとんどスライスせずにまっすぐ打てた.(これからコースでもこのキモい打ち方でやってみようかな)

とても変態的な打ち方ではあるが,同じように悩んでいる人は実践してみては?

この記事を書いた人

正田 孝平

正田 孝平

学生ブロガー兼エンジニア(東工大院21卒)
AI,IoT,web最新技術の具体的活用術、キャッシュレス決済と資産運用の最新トレンドや語学の体系的学習法について発信。在学中は人力飛行機の製作、webアプリ開発に積極的に携わった。
【趣味】
球技、水泳、マラソン、スノーボード