既存のEC2のストレージを拡張する方法【もう怖くない】

EC2のストレージ管理は大事です

AWSでEC2を使用している場合,思いがけずストレージ容量を圧迫させてしまっていることがあります.自分の場合は,EC2上にWordPressを構築しているのですが,WordpressのバックアップをEC2内に保存したままにしてしまい,容量がいっぱいになり思わぬサーバーエラーを発生させてしまいました.その時の事故の詳細はこちらから見れます.

このような事故が起きる前に,EC2のストレージに関しては気にかけておくようにしましょう.この記事ではEC2のストレージを拡張する方法を確認します.といってもすごく簡単にできます.

手順概要

EC2のディスク使用容量を確認しておく

AWSにターミナル等でSSH接続します.

$ df -hT

このコマンドで使用状況を見ましょう.一番容量を食ってそうなところを見て,使用率80%以上であったらストレージ拡張を考えたほうが良いでしょう

EC2に紐づくEBSボリュームのサイズを拡張する

AWSコンソールのEBSから該当のEC2に紐付いているボリュームがあることを確認します.

私の場合Wordpress用のボリュームサイズが10GBだったのを20GBに変えたので,そのような想定で説明します.各自アクション > ボリュームの変更から適当なサイズを指定します.

設定が終わったらボリュームのステータスがin useになるまで待ちましょう.

現在使用されているパーティションのサイズを拡張する

まず,lsblkコマンドでボリュームに関するプロパティを確認します.

ルートボリュームである /dev/xvda には,パーティション /dev/xvda1 があることがわかり,それぞれ20GB,10GBという状況ですので,パーティションも20GBにします.人によってはルートボリュームが/dev/xvdfな人もいるかもしれないので,適宜読み替えて下さい.

$ sudo growpart /dev/xvda 1

こちらのコマンドを実行するだけです.再度lsblkコマンドでチェックしてみてください.

ファイルシステムを拡張する

df -hTコマンドでもわかるように実際のストレージは拡張できていません.

最後に,ファイルシステムを拡張する必要があります.コマンドはこちら.

$ sudo resize2fs /dev/xvda1

成功すると,使用率が減っていることがわかります.

まとめ

どうでしたか?サーバーを停止させることなく,ストレージの拡張が簡単にできました.これで思う存分EC2を使っちゃってください...!

この記事を書いた人

正田 孝平

正田 孝平

学生ブロガー兼エンジニア(東工大院21卒)
AI,IoT,web最新技術の具体的活用術、キャッシュレス決済と資産運用の最新トレンドや語学の体系的学習法について発信。在学中は人力飛行機の製作、webアプリ開発に積極的に携わった。
【趣味】
球技、水泳、マラソン、スノーボード